【WCSレートS3最高/最終レート1910(24位)】トリルはらだいこ偽装カビッキュ

IMG_2774.JPG
こんにちは,スタンパを使うのが苦手で結局またしても初見殺しの戦術に走ってしまったロダンです.今回はSMレートWCSルールS3とJCSで使用した構築について紹介します.


VGC2017(アローラダブル)


778 (1).png143-2.png553-2.png

797-2.png549-2.png324-2.png
778.pngghostiumz.pngばけのかわシャドークローじゃれつくあまえるまもる
143.pngchoiceband.pngあついしぼうすてみタックルじばくワイルドボルト10まんばりき
553.pngchoicescarf.pngいかくじしんいわなだれほのおのキバかみくだく
797.pngleftovers.pngビーストブーストヘビーボンバーかえんほうしゃやどりぎのタネまもる
549.pngfocussash.pngようりょくそねむりごなリーフストームおさきにどうぞまもる
324.pngcharcoal.pngひでりふんかねっぷうソーラービームまもる



WCSレート(S3)最高/最終レート 1910(24位)
IMG_2775-5f2ae.PNG


VGC2017環境で初期から対策必須であったカビゴンとミミッキュによる「はらだいこ」+「トリックルーム」コンボ.カビゴンが「はらだいこ」しながらミミッキュで「トリックルーム」し,次のターンカビゴンが殴りつつミミッキュでカビゴンに向かって「じこあんじ」し,攻撃力4倍の超火力を2匹並べて相手を制圧するというものです.この構築は裏にトリルの第二エース(コータスやオニシズクモあたり)と「こだわりスカーフ」の掃除役を置くのがテンプレです.対策を怠ると負けに直結するため,相手は嫌が応にもこのパーティへの回答を用意しておかなければなりません.
ところが,対策自体は案外簡単で,カプ系,ギャラドス等による「ちょうはつ」,カプ・コケコ,キュウコン,ウインディあたりの「ほえる」でなんとかなります.しかもこのポケモンたちは割と技スペースに余裕があるので,採用も難しくありません.実際,この構築で潜ってみると上級者は対策に抜かりがなく,なかなか勝てませんでした.
そこで,この並びで初手から思いっきり殴ることを考えました.相手はこちらの「はらだいこ」+「トリックルーム」を警戒して「ちょうはつ」または「ほえる」を打ちますが,これはこちらが攻撃を選択した場合ほぼ空技であり,1ターン分のアドを丸々こちらが得られることになります.
また,ミミッキュは専用特性「ばけのかわ」のおかげで「トリックルーム」を打つ個体が多く遅いイメージがありますが,素早さの種族値は96なので特化させればウインディやカプ・テテフといったメジャーな95族の上を取ることができます.ミミッキュに「Zクリスタル」,カビゴンに「こだわりハチマキ」を持たせ,初ターンで取り返すのが不可能なほどのアドを取り,あとはそのまま逃げ切るというスタイルは案外強いのではないかと思い,この2匹から構築を組み始めました.


まずカビゴン+ミミッキュの裏の2匹をどうするかを考えました.
初ターン,あるいは2ターン目が終了した時点でこちらと相手のポケモンの数が4対3になっていることを前提としたときに,このアドを潰さないようにする為にはできるだけサイクルを回しつつ相手を削っていくのが最適なのではと考えた結果,「いかく」で相手の火力を落しつつ通りの良い地面技である「じしん」をタイプ一致で放てるワルビアル,そして繰り出し性能が高い上に「じしん」を打つのに邪魔にならないテッカグヤが最適なのではないかと思い組み込みました.


この枠には,相手がガチトリパだったときに「トリックルーム」を打たせない,キュウコン+サンドパンに「オーロラベール」を貼らせない,コータス+ドレディア,イーブイ+ドーブル,テッカグヤに対する解答,といった役割が要求されました.
当初ここに「ほえる」を搭載したカプ・コケコと「ねこだまし」を搭載したライチュウを入れていたのですが,キュウコン+サンドパンに対してはあまり制圧力がないうえに,そもそもこの2匹がめちゃくちゃ速いので初手でミミッキュとカビゴンを見せても相手に「トリックルーム」してくると思わせることができないという致命的な欠点がありました.
そこで,当初「相手のコータス+ドレディアに対してミラーで対応するのは嫌だなあ」と思って避けていたコータス+ドレディアという組み合わせを,背に腹は変えられないと(半ば仕方なしに)投入.フィールド操作の権利は完全に失いましたが,相手に初手フェローチェを躊躇わせることができるという予期せぬ恩恵もありました.


選出画面でカビゴン+ミミッキュ,コータス+ドレディアという対策必須級の組み合わせが2組もあるので,相手の選出を強力に縛ることができます.また,初手カビゴン+ミミッキュで相手にミスリードを誘発させることで,初ターンに爆アドを取ってそのままイージーウィンという試合も少なくありません.
とくに,相手の先発がカプ・テテフ+フワライドだと,トリルを警戒させることで追い風を許さずにフワライドを倒すことができ,絶好のカモです.ギャラドス+ガラガラも,ミミッキュのゴーストZ技でガラガラを,カビゴンのワイルドボルトでギャラドスをそれぞれ倒せるので圧倒的に有利です.


「初ターンに集中で殴って頭数を減らす」,「タイプ上こちらの苦手なポケモンに入れ替える」というような,いわゆる「普通のプレイング」がかなり辛いです(「トリックルーム」+「はらだいこ」のコンボはカビゴンが1/2回復実,ミミッキュがきあいのタスキを持っているのがテンプレなので集中攻撃は得策ではないと思うのですが…).本家コンボの知名度が足りていないのでしょうか?要はこちらが「トリックルーム」+「はらだいこ」を展開していたらイージウィンできるようなプレイングを通されると死にます.
おかげでレート1500〜1600帯でかなり苦しみました.また,カプ系が1匹もおらずフィールドを取り返せないので,パーティ全体としてカプ・ブルル入り構築に非常に弱いです.一応ドレディア+コータスで選出をある程度抑えてはくれますが,結局裏から出てきてこちらのワルビアルの「じしん」が通せなくて壊滅します.
今回は全く見ませんでしたが,スカーフをもたせてドレディアの上を取れるようにしたフェローチェなども天敵です.また,手の内がバレると致命的なのでBO3は勝てません.


778.pngghostiumz.pngミミッキュ

じゃれつく あまえる シャドークロー まもる @ゴーストZ
ばけのかわ
実数値:131-142-100-*-125-162
努力値:H4 A252 S252
性格:ようき


掟破りの最速ミミッキュ.Zクリスタルはフェアリーとゴーストのどちらを持たせるか迷いましたが,フワライド,カプ・テテフ,ガラガラを予想外の火力で倒せるゴーストを選択しました.
初動は基本的にカビゴンのすてみタックルと合わせて一匹確実に持って行く,タイプ相性上有利な相手に「むげんあんやへのいざない」を打つ,相手の集中攻撃を読んで「まもる」,のどれかです.
「じゃれつく」は信用のならない技で,絶対外しちゃいけない場面で外します.
「あまえる」は,ウインディにも通る「おにび」という感覚で打っていきます.主に隣にテッカグヤが並んでいるときに,ウインディのフレアドライブを耐えさせたり(最速ウインディの上を取れる),のろいカビゴンの火力アップを阻止したりする目的で使います.
 

143.pngchoiceband.pngカビゴン

すてみタックル じばく 10まんばりき ワイルドボルト @こだわりハチマキ
あついしぼう
実数値:267-178-86-*-130-50
努力値:H252 A252 B4
性格:いじっぱり



「はらだいこ」せずいきなり殴るカビゴン.
こだわりハチマキ持ち「すてみタックル」の威力は目を見張るものがあり,耐久に自信のないポケモンたちは軒並みこいつの一発で倒されていきます.
威力は効果抜群ワイルドボルト=等倍すてみタックルなので,汎用性の関係でテッカグヤ以外の電気弱点に対してもすてみタックルを打っていきます.反動ダメージで差がつきますが,そこまで気にならなかったです.
ガブリアス+カプ・コケコのような,相手が2体ともノーマル技を通せるポケモンで,かつどちらかがミミッキュにちょっかいを出してきそうなケースでは,ミミッキュに守らせてカビゴンで自爆して両方持って行くこともあります.最初に引っ込めて,テッカグヤが守っている横で爆発するシチュエーションもありました.当たり前ですが「じばく」するときに守られると死にます(トリルはらだいこがちらつくおかげで初手で守られることはそうそうありませんが).一回「じばく」したときにポリゴン2に守られたときは泣きそうになりました.
特性の「あついしぼう」もよく機能しました.あいてはこちらの特性を「くいしんぼう」だと思っていることもあり,ウインディが「フレアドライブ」をぶつけてくることもしばしば.
トリルを打たない打たせないが前提のパーティなので,すばやさに逆補正をかけていません.実数値50は最遅ハリテヤマの49をぴったり抜ける数字で,相手のハリテヤマがトリルパに組み込まれている等,最遅だと容易に分かるケースでは強引に動いてハリテヤマを倒していました.

553.pngchoicescarf.pngワルビアル

じしん いわなだれ かみくだく ほのおのキバ@こだわりスカーフ
いかく
実数値:171-185-100-*-90-144
努力値:H4 A252 S252
性格:いじっぱり


毎度恒例,「いわなだれ」+「じしん」枠.スカーフを持っているので後から出てくるカプ・コケコにも強いです.
こいつを死に出しするときはスカーフだと悟られないようにわざと時間をかけるという心理的なテクニックもフル活用していました.
先発のカビゴンとミミッキュでで適当に削った相手のポケモンたちを「じしん」や「いわなだれ」で一掃していきます.
「ほのおのキバ」はカミツルギピンポイント.ただし耐えられることがほとんどなので予め誰かで削っておく必要があります.
後述のテッカグヤと横の相性が非常に良いです. 

797.pngleftovers.pngテッカグヤ

ヘビーボンバー かえんほうしゃ やどりぎのタネ まもる @たべのこし
ビーストブースト
実数値:193-133-123-114-168-81
努力値:H164 B92 D252
性格:しんちょう


ほぼテンプレのテッカグヤ.詰め要員として活躍します.
Bに少し割くことで,やどりぎのタネの回復量をそのままに無補正A252ウインディのフレアドライブを耐えるようにしました.Sに振っていないのでテッカグヤミラーになると絶望.

549.pngfocussash.pngドレディア

リーフストーム ねむりごな おさきにどうぞ まもる @きあいのタスキ
ようりょくそ
実数値:146-*-95-178-95-142
努力値:C252 S252 H4
性格:ひかえめ


テンプレのドレディアですが,ミラーに出ていかなければいけないので最速にすべきだったかなと反省しています.  

324.pngcharcoal.pngコータス

ふんか ねっぷう ソーラービーム まもる @もくたん
ひでり
実数値:177-*-161-150-90-40
努力値:H252 C252 B4
性格:ひかえめ


わざと持ち物はテンプレですが,カビゴンと同様の理由で素早さに逆補正をかけていません.
最遅ギガイアスに天候を取られますが,そもそも選出の段階でこちらのコータスを見てギガイアスを初手で出してくるような人はいないので問題ありません.と思ってたら一回ギガイアスを先発させられて天候を取られて気まずい思いをしました.


先発 778.png143.pngミミッキュ,カビゴン
後発 553.png797.pngワルビアル,テッカグヤ
が基本スタイル.
初手で不意の高火力をもってアドを取り,あとはうまいことパーティを回して逃げ切ります.

トリックルームパーティ,イーブイバトン,コータスドレディアに対しては
先発 324.png549.pngコータス,ドレディア
後発 553.png797.pngワルビアル,テッカグヤ or 778.png143.pngミミッキュ,カビゴン
で対応します.


 最初の方に書きましたが,トリックルーム+はらだいこのコンボを知らない人に対してかなり不利なので,レートが低いうちはかなり試合を落としました.特にJCSでは6勝4敗で折り返して後半10戦で9勝1敗という悲しい展開を2回も経験しました.
また,いわなだれでひるまされたり,だくりゅうの命中率低下をもろにくらったりと,相手が強運だと結構しんどかったです.
それでも,SMレートで初めて1900超えを達成できたということでまあまあ気に入っている構築です.


WCSレートS3最終1910(24位)トリル偽装カビッキュ
よろしければどうぞ.

 今回の記事は以上です.ここまで読んでくださってありがとうございました.

この記事へのコメント